• ホーム
  • 美白化粧品を使う意味とは

美白化粧品を使う意味とは

2019年10月28日
肌がきれいな女性

なぜ、美白化粧品を使った方が良いのでしょう。他にもたくさん化粧品がありますし、他を使っても良いのではないかと思うかもしれません。どのような有効成分が入っているのか、その有効成分を使うことでどのようなことが期待されるのかを知ることで使う意味があると思うはずです。

プラセンタやビタミンC誘導体など様々な有効成分があります。種類によっても中身が全然違うのですが、そもそも美白の有効成分とは、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ効果があることを言います。単にシミやソバカスを防ぐだけではなく、美白化粧品を使うことでメラニンの生成を抑えられればほくろを防いだり、薄くすることもできるので、ほくろが多い人にも良いかもしれません。

また、肌を健康に保つためにも美白化粧品が役に立つ可能性があります。紫外線を浴びることでガン化する細胞が出るかもしれません。皮膚がんを引き起こす危険性が紫外線にはありますので紫外線対策が重要です。メラノーマというほくろのガンがあります。メラニン色素を作る細胞がガン化することでできるガンです。通常はメラニンによってガン化を防げますが、まれにこのようなことが起こります。まだ、はっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、無防備に紫外線を浴びることで危険性が増すと言われています。必ずしもメラニンが悪者ということではなく、本来は肌を健康な状態に保つために必要な存在です。それが、紫外線を浴びすぎたことでガン化する恐れがあると考えられています。

美白化粧品自体は、あくまでも化粧品であって医薬品ではありません。ただ、肌を紫外線から守る働きがありますし、メラニンの過剰生成を抑える働きがあるので、とても重要な役割を果たしています。単に肌を白くするだけしか意味がないと思っているかもしれませんが、それだけではありません。紫外線の強い季節だけ使っている人もいますが、一年中使うことで美白効果が高くなりますし、そもそもほくろやシミやソバカスなどを防ぐ意味もあります。これは、使い続けていないとなかなか難しいです。ずっとメラニンの生成を抑制しないといけないからです。

ほくろのガンがありますが、これは通常とは違って左右対称ではなかったり形がおかしいものです。だから、自分でも気が付くことができるでしょう。少しでもおかしいと思ったら皮膚科を受診して皮膚がんかどうかを確かめてください。

常に健康な肌を保つためにも、美白化粧品を使う意味はあります。あまり良い状態ではない場合は刺激の少ない化粧品を使った方が良い時もあります。健康的な状態の肌であれば刺激とは感じないでしょうし、一年中使ってみてください。シミやソバカスを作らないためにも、美白するためにも使い続けましょう。ピリピリとした感じがしたら肌が弱っていますのでそう言う時は避けてください。